善光寺や千曲川の景色が印象的な長野市

長野市は長野県の県庁所在地であると同時に、古代からの歴史がある善光寺の門前町でもあります。

飛鳥時代からの長い歴史がある善光寺には、貴重な文化財が多く現存しています。

長野市の街並みを象徴する存在となっているのが、善光寺の本堂と山門です。

本堂は壮大な規模を誇る木造建築で、国宝にも指定されています。

山門も圧巻の大きさがあります。

山門の前には伝統的な門前町があります。

善光寺門前の商店街には、信州名物の蕎麦を提供する店があり、おやきという地元の郷土料理を販売している店もあります。

七味唐辛子は、善光寺門前では特に有名な土産物です。

善光寺の周辺は山が近くて起伏がある地形ですが、長野市内を流れる犀川や千曲川沿いは広大な扇状地が形成されています。

戦国時代の古戦場として名高い川中島も長野市内にあります。

犀川や千曲川は、過去に何度も氾濫を繰り返して流路を変えてきました。

千曲川や犀川には大きな川原や中洲があるのは、扇状地河川の特徴でもあります。